北へ北へ2

このブランケット

縦糸はシダ、横糸はヤギの毛で織られているそうです。

 

このプリミティブなデザインは男性がデザインし

女性達が1年くらいかけて作ったそうな。

カヌーに水が入ったときにかき出すためのもの

大きい葉?樹皮で作られたもの。

きれい

蒸して曲げた木製箱

 

 

札幌旅行とトーテムポールのひとびと

ほんの一部を紹介しました。

 

北のひとびとの暮らし

私たちの暮らす青森もそうですが

 

共通する丁寧なものづくり

 

を感じました。

 

船をこぐ櫂やシャケをたたく棒にまで細工してる

暮らし。

 

見渡す限り白銀の世界のなかで

身近なものに祈りを込めて作っていたのでしょうか。