菱刺体験と冬至祭 


十和田現代美術館 繋ぐ術『田中忠三郎が伝える精神』


11月23日


南部菱刺体験の様子。


あれっ、こちらはうちの主人!


初めて刺してみたようです!





郡山からいらした方。


他の方より1時間くらい遅れてやってきましたが、早い早い!


針が手になじんでいらっしゃる。




1番に完成!


色合いといい、糸の感じといいセンスがよろしいです。





 

このテーブル、面白いですよね。


さあ、なんでしょ?



三陸海岸


こちら、以前の展示品でもあるそうで、震災後


お坊さん達がお話を聞く会で使っていたそうな。





こちらのお子様たち、年長さんと小学校2年生なのに


図案からどう刺すのか理解してらっしゃる!!


本当にびっくりです。菱刺しの適応年齢10歳からなんですが・・・。


青森のDNA、おそるべし!!


ピアノもやっているそうで、なんとTVを見ないとか。


うらやましい環境で育っていて、賢くなりそう。





最後まで仕上げられなかった方も、


是非ゆっくりご自宅で完成させてくださいね。





そして、体験会終了後の夕方


十和田湖方面へ


星野リゾート奥入瀬渓流ホテルで


字と図 の夫婦が面白い空間をつくってました!



赤ちゃん、大好きゆらゆら系。




 

妖精のはねをイメージしたリーフレットに


メッセージを書いて


(細やかなデザイン、しかも紙もよくって何も書きたくない気にも・・・)



忘れた頃、なんと夏至の頃に届けてくれるという




森を巨大なリースに見立て、ランタンを飾る。


写真がいまいちなのですが、すてきなすてきな体験でした。



こちらは既に終了しましたが、


十和田現代美術館でまた展示されるそう!


是非是非、リーフレットの細かなデザイン等見てみてください。