来年もよろしくお願いします!

 

本日12月27日から始まっております

北鎌倉古民家ミュージアム『刺し子展』


展示品を拝借しに奔走したり、商品製作梱包など

大忙しで準備し発送しました。

魂まで送ってしまったかのように、脱力している状態です。


刺し子は孤独な作業だと思っておりましたが、いざこういう事態になると

いろんな方が助けてくださって、展示品も快く貸してくださったり

本当に一人ではないと痛感しました。

ご協力下さった方々に感謝致します。

 

そして、はっちや十和田の教室?クラブに通ってくださっている方々も

毎回いっぱいいっぱいの私をサポートしてくださってありがとうございました。

 

来年もよろしくおねがいします。

 

 

来年2015年1月の予定は1月

 

①十和田現代美術館 田中忠三郎が伝える精神 パブリックプログラム

●ワークショップ『南部菱刺しでよみがえる思い出の服たち』

古くなった服や、思い出の服に、思い思いの菱刺しを刺して、よみがえらせてみませんか?

講師:山田友子

日時:1月10日(土) 13:00−16:00

定員:6名[申込締め切り:1月3日(土)]※満了しました。

料金:2500円(材料費込/大きな模様をご希望の場合追加料金がかかる場合があります)

 


上記が予定超過の申し込みのため

急遽翌週の土曜日<手わざ工房>を開催決定しました!


②■ 「手わざ」内容

菱刺しや刺し子の技法で遊んだり、ほころびを繕ったりしましょう。

■ アピールポイント

冬ごもりの手仕事は静かに心おどります。
一針一針進んで、自分のなかを旅してみましょう。

■ 活動する日時(予定)

1月17日(土)の13時から16時まで

■ 部長プロフィール
山田友子
・八戸市在住
・つづれや店主


八戸市はっちクラス

1月21日(水)13:00〜15:00 はっち3階和のスタジオ4にて

こちらは会員製になっております。くわしくはお問い合わせ下さい。


十和田市 農園カフェ日々木 和室

『菱刺しでティーマットをつくる』

 

●とき H27123()227()327()

          各回 11時半〜14時半

●ところ 農園カフェ・日々木 和室

    〒034-0041 青森県十和田市大字相坂字高見147-89

    TEL 0176-27-6626

●料金 各回¥2,500−(材料費 ランチ代込み)

●問い合せ先 南部菱刺研究会 山田

      TEL 090(3532)4855  Email tsuzureya08@gmai  





 

SamLee

 

 

 イギリスやスコットランド、アイルランドの最古の住人

 

 「トラヴェラーズ」の歌を継承し新しい世界を紡ぎ出す

 

 Samlee

 

  懐かしいような、でも新鮮な音楽。

 

 

 今、来日してます。

 

 沖縄やアイヌミュージックとのコラボもあるとか。

 

 

 行きたかったな〜。

 

 

 ま、いつかロンドンで聴こう。

 

 Sam Lee公式サイトhttp://plankton.co.jp/samlee/

 

 

Sam Lee - The Ballad of George Collins OFFICIAL MUSIC VIDEO

 

 

 

0 コメント

12月は菱会と北鎌倉と。

 

 すっかり真冬な景色の八戸

 

 こんな時期から真っ白でしたっけ?


 

 刺し子の本格的シーズン到来!?

 

 

 さて、いよいよ今年最後の菱会になります。

 

 

 12月9日(火)十和田匠工房にて 13:00〜15:00

 

 12月17日(水)八戸市はっち3階八庵 13:00〜15:00

 

 今回は1年の総まとめ、1年のご自分の作品を振り返ってみましょうね。

 

 

 

 ほんの一部ですが、菱会に通ってる方々の作品紹介させて頂きます。

 

 


 

 あれっ!?私の作品が無い!と思った方もいますよね。

 

 そうなんです、写真とり忘れた作品沢山あると思います。

 

 本当にすみません。

 

 私の目写真には残っていて、あの方のあれも無いし、これも無いと思い出してます。

 

 

 教室のときはいつもいっぱいいっぱいでね〜、すみません。

 

 

 しかも、十和田クラスのすんごいヤングチームの作品が1枚もありません!

 

 ごめんなさい。今月最終なので撮りましょう!

 

 皆さんの作品にお会いできるのが毎回楽しみです。

 

 

 


 

0 コメント

IZUMITA de 泉田








 朝、「今日は ギャラリーたなか とえっと、


手芸店行って虫食いのセーターを繕うニードルと羊毛買いに行こう!」




ギャラリーたなかに到着するなり


ダーン!!


巨大な花器?とヤシャブシがお出迎えしてくれます。


(ちなみに、草木染めまめ知識!ヤシャブシは夜の色


茶〜グレー〜黒に染まります。)





そう、これがセカイのIZUMITA!





相変わらず、、、ダイナミック






中に入って、



泉田之也 カワリユクカタチ


ツカイニクサヲ思考スル


2014.11.29~12.7



を隈無く観て、かうもの買って


ちょっと一息、お茶をいただく。


そしてまた外へ







  アイアン?  陶器?って感じですよね



 そして、偶然 美容室TUPYのK子ちゃんと


 紙とくらしのどうぐ(八戸市諏訪2−2−32  ☎0178−43−1816)のKさん


 会ったので、ご飯でもってことになり、


 ケクーカフェ? 休みだ〜。もりきでそば?って行ってみたら休みだ〜


 

 じゃあ・・・・・


 アタ!!!


ってことで、レストランアタでおしゃべりしながらチキンカレーを美味しくいただき、



あれ、アップルパイあるかな!?


聞いて見ると、今焼くと30分後に出来上がるというので待つ。



で、家族分お持ち帰り。





 そして、物販コーナーに


いろんな羊さんの毛糸や原毛が!!!


そしてチクチクニードルも!!



朝行こうと思ってた手芸店がここで済んだ!


なんだか導かれた気分。



そして壁を見ると


店主の方制作のパッチワークの中に


 菱刺しがくみこまれてるでないか!!


「天羽さんのよ」


ってことで、天啓にうたれた1日だったのだ



0 コメント

冬の手仕事展


冬の手仕事


つづれやのレザー、仕立て担当の主人が ツヅレザ として出展します!


初めての独り立ち。


お近くの方、どうぞ冷やかしにいってみてください。

2 コメント

ハワイ修学旅行のお土産完成です。


以前10月に紹介した


八戸商業高校のハワイ修学旅行のお土産制作講座


で生徒達が完成させたようです!


ご丁寧に先生から写真が送られてきました。


ありがとうございます。



講座2時間の後、さらに2時間の授業で完成させたようです。


私のデザインを応用してくれても良かったのですが、


皆さんまんま刺してくださったようで・・・。



ハワイのホストファミリーも喜んでくださる事


間違い無しですね。



目一杯楽しんできてください。


土産話聞かせてくださいな〜。

0 コメント

菱刺体験と冬至祭 


十和田現代美術館 繋ぐ術『田中忠三郎が伝える精神』


11月23日


南部菱刺体験の様子。


あれっ、こちらはうちの主人!


初めて刺してみたようです!





郡山からいらした方。


他の方より1時間くらい遅れてやってきましたが、早い早い!


針が手になじんでいらっしゃる。




1番に完成!


色合いといい、糸の感じといいセンスがよろしいです。





 

このテーブル、面白いですよね。


さあ、なんでしょ?



三陸海岸


こちら、以前の展示品でもあるそうで、震災後


お坊さん達がお話を聞く会で使っていたそうな。





こちらのお子様たち、年長さんと小学校2年生なのに


図案からどう刺すのか理解してらっしゃる!!


本当にびっくりです。菱刺しの適応年齢10歳からなんですが・・・。


青森のDNA、おそるべし!!


ピアノもやっているそうで、なんとTVを見ないとか。


うらやましい環境で育っていて、賢くなりそう。





最後まで仕上げられなかった方も、


是非ゆっくりご自宅で完成させてくださいね。





そして、体験会終了後の夕方


十和田湖方面へ


星野リゾート奥入瀬渓流ホテルで


字と図 の夫婦が面白い空間をつくってました!



赤ちゃん、大好きゆらゆら系。




 

妖精のはねをイメージしたリーフレットに


メッセージを書いて


(細やかなデザイン、しかも紙もよくって何も書きたくない気にも・・・)



忘れた頃、なんと夏至の頃に届けてくれるという




森を巨大なリースに見立て、ランタンを飾る。


写真がいまいちなのですが、すてきなすてきな体験でした。



こちらは既に終了しましたが、


十和田現代美術館でまた展示されるそう!


是非是非、リーフレットの細かなデザイン等見てみてください。



0 コメント

南部の忠三郎!?


青森県三戸町の城山公園にある


温故館に行って参りました!


これはタッツケと呼ばれる袴を解体した布。


和裁のいいところ、布を切らずに仕立てて何度でも縫い直せるところですね。


こちらは前垂れの中心の布。


比較的最近のものかも。


といっても明治頃かな。



これはなんでしょうか?


そう!麻を蒸すときのかぶせと呼ばれるものです。



最近オリジナルの麻を試行してから、麻から育ててみたい欲求がわいてきて


出会ってしまった・・・という感じです。


欲しい欲しい。


でも、全長は2メートルは無いにしろ高い高い。


どこに置くんだ?ですよね。




蒸した麻を裂いてこんな感じにして


さらにたたいて細く裂いて


撚って繋いで


糸にしたんでしょう


それを農閑期の冬


おかあさんが機織りして

このような布になりましたとさ。




と、ここまでが三戸城温故館。





で、お城山を下っていくとアンティーク、古民具の看板が目に飛び込み


行って見ると、何やら摩訶不思議な建物、庭が。


中に入ると、M氏が座っていた!



あ、あれ!ここお店じゃないんですね、すみません。


と帰ろうとすると、いや、店だよ!ってことで、ここから


2〜3段階の展示品をみることになる。



しかもM氏の解説付きで!


彼の思い出あり、写真もあり、


江戸末期から昭和の農具、


縄文のかけら


医療棚、医療機器、薬瓶


戦時中の軍服や道具


昭和の駄菓子や、サトちゃん、


昭和のスターのポスター、レコード


マリリンモンローの衣装!?まで


語り尽くせない程の展示品!


これが1個人の所有物ってすごイ!


一財産という言葉でも足りない量です!


ここまで集めるって田中忠三郎さんもすごいけど


この方もなかなか面白い。




たっぷりガイド付き一時間半程度の旅をさせていただいて満足。


明治の頃に織られた麻布の反物を2反おとり置きして帰ってきました。



また何度でも行きたくなる、会いたくなる?場所、それは秘密です!!





そして八戸にも陶器や面白い布コレクションしてる方がおります。


その節はお世話になりました、朝市コーヒーさんのブログで


十和田現代美術館 繋ぐ術「田中忠三郎が伝える精神」を紹介してくださってました。


ありがとうございます。







0 コメント

webshopつづれやオリジナル手織り麻始めました!

ついにwebshopに布を提供できる時が来ました!


写真は参考にオリジナルの綿麻に8本の甘撚り草木染め糸で菱刺ししたミニ巾着です。




麻糸に綿を少し絡ませて織っていただいてるので(ムラ糸の太い部分)


風合いがよく、そのままテーブルセンターやバック、シャツ等洋服にもいいと思います。



あくまでも刺しやすいように織って頂いてます。


1センチに縦糸が8〜9本で布巾は34㎝です。



群馬県の文化服装のT先生に出会ってから、あれよあれよというまに


桐生の織元さんにつながり、この布が完成しました!




手織りなので少量づつの納品になります。


しかも、実際私も刺してみてもうちょっと改良点もあります。


こぎんや菱刺しやってる方で材料探してる方も多いと思います。


是非一度お試しになってみてください。

0 コメント

南部つづれ菱刺し模様集 田中忠三郎

貴重なこの模様集、わが家には2冊あります。

私用と主人用。まあ、どちらも主人が見つけてくれたのですが。


まずは主人用の模様集をご紹介します。


この模様集、千部限定発売でこのシリアルナンバーは


田中忠三郎さんがこの1冊にまとめてくださらなかったら

今現在、私も菱刺しをする事ができなかったであろう。


後に出版される八田愛子さんと鈴木暁子さん共著の

「菱刺し模様集」

もこちらをさらに噛み砕いた、現在の機会織りの荒い麻に合う

目数の小さい模様等を考案し付け加えた模様集になっている。


古い農民衣服をもとに、一つ一つの模様を刺す手伝いをなさったのも

このお二人だったと聞きます。


八田さんも鈴木さんも地元民ではなく、ご主人の仕事の関係で

八戸駐在時代に菱刺しに出会ったらしい。



この本の以前の持ち主が昭和52年の河北新報の切り抜きも大事に貼付けてある。

そして、ナント!新刊によく入ってる

ご意見ご要望用の往復はがきまで大事にとってあるのです!


20円!



これを読むと、忠三郎さんがもっと壮大な「農民衣服史」

という野望を持っていた事が分かる!

忠三郎さんが先人に畏敬の念を抱いていた事が汲み取れる。


ここまでがシリアルナンバー419のこと。



もう1冊の私用はシリアルナンバーは無く、

田中忠三郎の烙印が押してあり、ナンバーのところに漢字で「持」

と書いてある。

それを入手したときはちょうど天羽やよいさんの梅の花工房に通っていたときで

「すごいじゃない!ものすごいものが回ってきたわよ!

あなた、忠三郎さんにお手紙書きなさいよ!」

と言われたので、自己紹介と現在天羽さんに菱刺しを習っている事を

はがきに書いて送った。

後日天羽さんに電話があったそうだ。


果たしてこれは忠三郎さんが自分用に持っていたものかそうでないのか

今となっては定かではないが、現在開催されている

繋ぐ術「田中忠三郎が伝える精神」にて

天羽やよいさんの作品展示のところに出張中である事を考えると

やっぱり、忠三郎さんのものか・・・・?

と不思議なご縁を感じるのである。

0 コメント

縄文

亡くなった父が若い頃集めていた縄文?の石器達。

五戸町あたりでは土を少し掘ると簡単に見つかったそうな。

といっても、今から60年くらい前の事でしょうか。

一つ一つが人間の手で削られたものでしょ?

そして、道具として使われてたもので、勾玉っぽいものはアクセサリー

として身を飾ってたものでしょ?

先日、Eテレ日曜美術館の正倉院の宝物特集で

『必ずしも今現在が最新技術を持っているとは限らない』と

どこかの教授が言っていて、なるほどと思った。

宝物をあらゆる技術を駆使して復元しても、細部を見ると

その古いものの方がはるかにきれいだった。

人間の手、知恵おそるべし。


0 コメント

11月の予定

10月は染め染め染め放題でした!

青森の皮革職人アトリエcanoeさんですくも藍をたてるというので、糸を染めに行ったり、

のぶどう染め、あかね染めも灰汁と明晩のばいせんや、銅媒染などしてみたり、セイタカアワダチソウが

いかにも染めてくれと言わんばかりに、背を高くして語りかけてくるのでそれも。

仕入れた数キロの糸も使い切りました!

これからのイベント等でお見せできると思います。

 

さて、11月は

 

11月11日(火)十和田匠工房にて 13:00〜15:00

 

11月19日(水)はっち5階レジデンスDにて 13:00〜15:00

 

11月23日(日)十和田現代美術館にて 10:00〜12:00 13:30〜15:30

 

菱刺しに興味ある方各機関に直接お問い合わせいただいてもよろしいですし

こちらのHPにお問い合わせ下さい。3日以内にお返事させて頂きます。

 

 

十和田現代美術館で開催中です。⬇ポチッとして詳細をご覧ください


繋ぐ術 『田中忠三郎が伝える精神』





 

 

 

4 コメント

繋ぐ術「田中忠三郎が伝える精神」-十和田現代美術館

いよいよ始まります、十和田現代美術館にて1

 

天羽やよいさんの帯も展示されます。必見です。

 

繋ぐ術「田中忠三郎が伝える精神」⬅こちらをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

私は11月23日(日)と翌年1月10日(土)にワークショップを担当させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

2 コメント

Nanbu Diamond Embroidery

This needlework was born a lot of snow inNorthJapan

 

あってるかあってないかわかりませんが、

 

八戸商業高校の海外への修学旅行のお土産制作の講師をつとめてきました!

 

ハワイにおみやげ〜!!

 

ってとても光栄ですし、そこのホストファミリーで大事に扱ってもらえるよう

 

結構これでもデザイン悩みましたよ〜!

 

かつ、高校生でも刺しやすく、かわいいって思ってもらえるように。

 

青森の風土から生まれた技術を寒さからほど遠いひとびとへプレゼント。

 

これを機に郷土の伝統文化を好きになって

 

誇りに思ってもらえるとうれしいです。

 

 

 

japanese plum flower 梅の花

 

crest of japanese pear なしのもんこ

 

cat's eyeねこのまなぐ

 

crest of scale うろこもん

 

今回刺してもらった模様は昔からある

 

代表的な模様でした。

 

商業高校のみなさん

 

ハワイのホストファミリーに菱刺しの歴史や

 

模様の名前等おはなししてたくさんコミュニケーションとってきてください!

 

そして将来は広い視野をもって活動してくださいね。

 

皆さんのこれからの活躍を楽しみにしています。

0 コメント

10月の予定

またもや告知が遅れています!

すみません、10月も7日オーバーしてしまいました!

 

10月は盛りだくさんな予定のつづれやです。

なので制作も忙しくしています!

 

10月4日5日は秋田県横手市の『お城山クラフトフェア』

に出店してきました!

1日目は少しにわか雨でしたがまづまづ両日保ちました!

昨年も出店した横手でしたが、今年も草木染めの糸を購入してくださる方

も沢山いらして、あきたの刺し子興味あります!

今度はプライベートで訪れたい所です。

昨年買ったインド手紡ぎ木綿のハンカチ、『今年もプレゼントに買いにきました!

とても使い心地がいいの』といううれしい声も!

主人が制作している皮革バックもやはり一目で数万円のものをお買い上げして頂いたり!

きっちり真面目に作ってるとやはり大金出して頂けるんですね!

見習わなくちゃです。

お買い上げいただいた皆様、声をかけて頂いた皆様

本当にありがとうございました!

来年も落選しなければ行きたいと思います1

 

さて10がつは

14日(火)13:00〜15:00十和田匠工房にて

 

22日(水)13:00〜15:00はっち5階レジデンスDにて

 

菱刺し教室というか菱会がございます!

興味ある方はお問い合わせ下さい。

 

 

 

そのほかに研究会としては市内の高校の修学旅行のお土産制作の

講師としての活動もあったりします!

 

 

販売出店は

24日、25日三沢米軍基地内のショップにて初出店してみます!

そして26日はいつもお世話になってる十和田匠工房の隣にある道の駅

十和田の13周年?記念販売会に午後から出店します!

お近くの方は是非是非足を運んでみてください!

 

0 コメント

北へ北へ2

このブランケット

縦糸はシダ、横糸はヤギの毛で織られているそうです。

 

このプリミティブなデザインは男性がデザインし

女性達が1年くらいかけて作ったそうな。

カヌーに水が入ったときにかき出すためのもの

大きい葉?樹皮で作られたもの。

きれい

蒸して曲げた木製箱

 

 

札幌旅行とトーテムポールのひとびと

ほんの一部を紹介しました。

 

北のひとびとの暮らし

私たちの暮らす青森もそうですが

 

共通する丁寧なものづくり

 

を感じました。

 

船をこぐ櫂やシャケをたたく棒にまで細工してる

暮らし。

 

見渡す限り白銀の世界のなかで

身近なものに祈りを込めて作っていたのでしょうか。

 

 

0 コメント

北へ北へ

札幌国際芸術祭へ

 

海を渡っていって参りました〜

北海道庁旧館

立派な建物でした!

ここではアイヌの暮らし掛川源一郎写真展

 

 

今回の目的はこれ!

北方刺繍研究家の進藤冬華さんの展示

本郷新彫刻記念美術館にて

 

おばあさまの影響で小さい布もすてずに、はぎ合わせ

その上からアイヌ刺繍や様々な北方民族と交流しながら得た刺繍を施す!

 

そしてワークショップも受けてきました!

 

 

お恥ずかしい。。。

 

そして札幌から戻り

八戸市縄文記念館で開催中の

 

トーテムポールのひとびと

 

こちらの展示品も北方民族博物館から来ているという。

 

シダ材で編まれてる布

やかご達

そして肝心なトーテムポールの写真が見つからないので

また

 

つづく

0 コメント

よこてお城山クラフトフェア

昨年に続き、秋田の「よこてお城山クラフトフェア」に出店します。

かまくらで有名な横手市有志によるクラフトフェア。

 

小山の上の落ち着いた雰囲気、比較的小規模でじっくりと見て回れる会場です。

イチョウの木が沢山あるので銀杏拾い、できるかも。

 

お近くに御用の方は、ぜひ足をお運びください。

 

画像クリックでチラシの拡大ができます。

 

0 コメント

9月の菱会予定

後手後手ですが、9月の菱会の予定です。

 

☆十和田道の駅となり匠工房にて

9月9日(火)

13:00〜15:00

 

今回は体験でベビー前垂れをつくりたい!という方もいらっしゃいます!

すでに定員いっぱいですが、この機会にぜひとも作りたいという方はご連絡お待ちしております。

なんとかします!

見本刺し完成の方の仕上げのまつり方、前回は記憶喪失のようにすっかり忘れてしまったのですが

うちに戻って何回もやってみたところできるようになりました!ご安心を。

 

 

 

☆はっち5階レジデンスDにて

9月17日(水)

13:00〜15:00

 

こちらは2年目移行のかたもたくさんいらっしゃるので、どんどんすばらしい作品が登場してきます!

上の写真はこちらの会のかたが制作したもので、かごのふたに菱刺しです。

そろそろ、洋服にポイントで刺してみようという感じです。

 

 

 

2 コメント

つづれやオリジナル手織り麻

 

 

ついに念願の手織り麻ができました!

 

といっても私が織ったのではありません。あしからず。

 

 

群馬桐生の織元さんに頼んで、刺しやすく

 

折り目も1センチに7目程度です。

 

 

若干ムラ糸っぽくなっております。

 

そして数パーセント綿も入ってます。

 

なので感触はいいですよ。

 

 

商品化しようと思ってつくりましたが、

 

何せ手織りなので追いつきません。

 

織元さんの社長さんが工場の織機で大量生産

 

大量破棄の時代を通ってきて

 

 

これからはそうゆう時代じゃない!

 

特別なものをつくっていかないと!

 

と奮起してくださり、空き時間にコツコツ織られてるようです。

 

 

大量に欲しい方には譲れませんが、

 

是非にという方はご連絡をくださればお分けします。

 

m/2500円に消費税です。

 

 

 

下の写真はちょこっと刺してみた感じです。

 

参考にしてください。

 

0 コメント

収穫物

 

 

我が家の敷地内はいそがしさにかまけて

 

草ぼうぼうです。

 

そんななか

 

豪雨がくる前に!

 

トマト、ルバーブ、ルッコラ、モロヘイヤ

 

を草のなかから救出。

 

ほっといてもできてくれる野菜が好きです。

 

 

 

どこのお宅でも

 

夏休みが終わる!って頃に

 

課題やってない。。。

 

ってことあるんでしょうか?

 

バックがつくりたい!というけれどミシンはまだ使えないでしょ。

 

じゃあ、ポケットティッシュケース。

 

 

仕方ないから菱刺しの技法で

 

くものいがき

 

を1日がかりでマスターし、できあがったのがこれ。

 

あら!意外とかわいいじゃん!

 

 

0 コメント

古民家ずき

古民家にいるとなぜか心が落ち着きます。

 

なぜでしょ?前世?何度生まれ変わったのでしょ?

 

 

こちらは最近話題の七戸町の並木ジェラート!

 

同じ敷地内にある茅葺きの南部曲がり屋。

 

先人たちは家畜も家族の一員として大事にしたんでしょうか?

 

貴重な労働力だったんでしょうね。

 

 

 

 

 

それから次は宮城県栗原市の

 

風の沢ミュージアム

 

 

こちらはオーナー親子さんが1万坪?千坪のこの家屋付き

 

土地を購入して、トタン等の壁を木に逆リフォームして

 

屋根も茅葺きに。

 

でも古いものだけに固執する事なく、トイレ等は土壁だけど

 

ばっちりウオシュレット付きでうまい具合に融合してて

 

すてきでした!

 

 

 

 

そして、現在こちらでは野田村の泉田さんの

 

土思考

 

開催されてます。

 

もう、展示の仕方がダイナミックすぎて度肝を抜かれた感じです。

 

一部写真が青いのは茅葺き補修のためのブルーシートの光。

 

でも逆にモダンに見えます。

 

大変暑い日でしたが、敷地のなかにはカフェ&ショップもあって

 

そこはクーラーで一息。

 

風の介さんが入れてくれたコーヒーは格別においしゅうございました。

0 コメント

親と子教室終わりました。

8月1日、2日

 

菱刺しと三社大祭

静と動。

 

はっちのギャラリー3は静かにチクチク

外は30度超えの熱気にお祭りでドンドコ

 

市内の小学生親子さんも

観光でいらした親子さんも

県外から帰省の親子さんも

妊婦さんでおなかの中のお子さんとの親子?さんも

女親子三代で参加の方や

60代の娘さんと80代のお母さんの親子さん。

 

教える側も

赤ちゃんおんぶしながら手伝ってくれた麻央さんも

休憩で授乳するわたしも

 

いろんな意味で

親子  おやこ  オヤコ  OYAKO

な2日間。

 

たくさんのご参加ありがとうございました!

そして、

ギャラリーの壁を飾ったのは

はっちで月1回行っている教室の皆さん

1年から2年つくりためたものでした!

 

みなさんこれからも

切磋琢磨していきましょう!

お手伝いいただいた皆さんもありがとうございました。

0 コメント

上北小学校夏休み親子レクリエーション修了

7月24日午後

 

上北小学校の親子

合計41名!

大人17名

子供24名

の南部菱刺体験が修了しました!

 

大人は梅の花の模様を一つ刺してミニフレームに。

 

子供は簡単な模様をしおりに。

 

 

上の写真は見本ですが、

11月1日、2日東北町のいきいき祭りにて

みなさんがつくったものが展示されるようです!

小学生24人『心が折れそう』とかいいながら

必死に完成させてました。

 

精密な模様でなくてもいいんです!

 

少しくらい間違っても、ゆがんでも

 

味わい深くて。

 

むしろ、その方がみてる方が楽しいですよね。

 

古作をみても、現代のように図案がある訳でもないので

 

その人なりの解釈で刺してる模様が沢山あります。

 

途中までがんばったけど、あれ?こっからめんどうになった?など

 

昔は着るために迫られて刺したのだからそんなに時間もかけられなかったのでしょう。

 

とにかくオリジナルな感じで、これが自分の!とすぐ分かるからいいですよね。

 

展示の模様も後日写真アップさせていただきます。

 

上北町のみなさま、手伝ってくれた方々おつかれさまでした。

 

さてさて次は

 

8月1日、2日

八戸三社大祭期間中ですが

 

はっちギャラリー3にて

11時時から16時まで

 

体験会がありますよー。

 

はっちの教室の皆さんが1年〜2年

制作してきたものを

壁面に展示します!

ついに展示できる日が来ましたー!

こちらもお見逃しなく〜。

 

 

 

 

0 コメント

食べること

食べることはとっても大事だな

と感じる今日この頃

 

口に入れて体を作るんですから。

 

毎年恒例梅しごと

裏山の山椒の実を収穫してちりめん山椒
裏山の山椒の実を収穫してちりめん山椒
伽羅蕗
伽羅蕗
天羽先生の息子さんが営む『ほむら』のお弁当
天羽先生の息子さんが営む『ほむら』のお弁当

たまには人がつくったおいっしい〜

お弁当をいただく

 

我が家のルッコラ菜園
我が家のルッコラ菜園

毎日摘んで食べてます

お醤油味に飽きたら

様々な野菜と魚介でムケカ!

今年はワールドカップブラジル開催ってことで。

 

 

 

甘酒シェイク
甘酒シェイク

簡単に、早く、楽に

済ませたいと思うのですが

スーパーに行っても、コンビニでも

買いたい、食べたいものがないのです。

裏見ます!ウラミマス

ダジャレか!

いえいえ、成分表を見るとなんだか

食べる気がしません。

 

昨今食育とか騒がれてますが、

もっと世の中シンプルにならないものでしょうか。

0 コメント

藍 japan blue

八戸市美術館で7月21日まで

 

藍 japan blue

 

 

人間国宝志村ふくみさんの

 

『船出』

 

展示されてます!(その1点だけですが)

 

 

その他藍染めの布や

 

菱刺しの小切れ等もありました。

 

入館料150円です!!!

 

必見です。

0 コメント

Baby前垂れ

昨日(7月8日)はハードな1日でした!

 

打ち合わせ➡納品➡十和田匠工房教室➡十和田現代美術館の映像撮影

 

すべてこのちびちゃん付き合いました!

 

前垂れ前日夜なべしてつくりました〜

 

これ、裏地の麻布と一緒に刺すいわばつづれ刺ししてみました!

 

初めての試み。

 

リバーシブルでも楽しめそう。

 

主人曰く

 

今までで最高傑作だそうです(笑)

 

冬の十和田現代美術館が楽しみです!

2 コメント

夏休み親子教室

夏休みのご予定は、もうお決まりですか?

 

今年の夏も南部菱刺親子教室を開きます。

ふるってご参加ください。

 

時 H26年8月1日、2日 11時〜16時

所 八戸ポータルミュージアム(はっち)ギャラリー3

 

お申し込みはこちらからどうぞ

 

 

0 コメント

7月の予定

今月も遅くなってしまいましたが、7月の予定です!

 

 

☆7月8日(火)13:00〜15:00

十和田市匠工房にて

初心者さんから体験も受け付けております。

 

☆7月23日(水)13:00〜15:00

八戸市はっち5階レジデンスDにて

 

☆7月24日(木)

八戸市はっち5階レジデンスDにて

上北小学校親子レク

20組以上の親子が菱刺しを体験!

秋には展示もされるそうです!

 

0 コメント